kitobitohouseの打ち合わせブログ


by kitobitohouse
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

床が張られるとこんな角度での大黒柱の踏み降ろしを見るのは最後です。
c0159960_19255923.jpg

土壁が乾いてヒビが入ってきました。気温が高いのでどんどん乾いて行きます。
c0159960_1926738.jpg
勝手口の石貼り工事はkitobitoさんの仕事です。納まりの確認を棟梁と相談中。。。。。
c0159960_19261971.jpg

和室畳の下地も杉の一寸板を張りました。その下にはウールブレスの100が入っています。ロフトの床が張られたので天井も同時に仕上がります。外部の建具はいつになるんでしょうか?若いタッキーが心配しています。私も心配しています。。。。。。。
c0159960_19262936.jpg

小舞も裏返されると壁の中に見えなくなります。
c0159960_19263622.jpg

                                  by totoro
[PR]
by kitobitohouse | 2009-08-28 19:36
------------------------- KitoBitoより


お盆前に竹子舞だったところにも、左官さんが土を入れています。

c0159960_23215047.jpg
c0159960_23221580.jpg


二人の部屋はここだよ!本当は、二階が無いのでロフトをつけてもらいました。
って、ロフトに案内。(ロフトの床も張られていました。)

c0159960_23223064.jpg

c0159960_23224783.jpg


足場に上って、記念撮影。
こんなところから、なかなか家が建った後には写真が撮れないでしょう。

c0159960_2323556.jpg



外から見た感じです。
周りに囲いのネットが無いのでいまどき珍しく丸見え。

c0159960_23233884.jpg


とても左官屋さんの仕事の多い家だということが分かりました。
ありがとうございます。
壁が出来てくると、家の雰囲気がダイブ分かってきます。
そして、風の流れも。

楽しみも増えてくるわ!
[PR]
by kitobitohouse | 2009-08-26 23:23

竹駒井がきれいです

c0159960_12531888.jpg


きれいに編まれた竹駒井に見とれながら、
思いをはせています。
[PR]
by kitobitohouse | 2009-08-08 12:53
お餅投げのお餅が婦人会の人たちの手でつかれたお餅だったとは!!!なんてステキな事でしょう。
「自分さえ良ければ・・」のこんな時代に・・・・・・。
子どもの頃、田植えも稲刈りも、お互いに助け合っていたことを覚えています。
土蔵を建てる時などは、泥団子をみんなでこしらえて壁を造っていた話しも母から聞きました。

機械もお金も無い時代にできることは身体を使う事だったのでしょうか。でも、その中に「お互い様」という心があったのでしょうね。互いに喜び合い助け合って、みんなで隣の子も自分の子も同じように叱ったりほめたり、子どもたちの成長を見守り、老いた親たちを助けて、部落が成り立ってきたのでしょうね。
私自身も、子どもの頃近所のおばちゃんたちは、お母さんの次に好きでした。

田舎に空き家が目立っている事を、密かに憂いている私には、とても嬉しいお話です。
今、空き家になっている家はきっと昔、同じようにみんなの力を借りて建てられた家でしょう。そんな貴重な財産が朽ちていくのは、残念でなりませんね。

kitobitoさんは、子ども時代に「おばちゃん」たちから受けた愛情をきちんと今でも覚えているんですね。
そんなkitobitoさんだから、こんなに楽しい家造りができるんですね。出会えて良かった!!!!!
  
                          by totoro
[PR]
by kitobitohouse | 2009-08-05 19:15

餅投げ

------KitoBitoより-------


近頃建て前の後、餅投げをすることも少なくなりましたが、
ここ田舎ではまだまだ風習が残っています。

我が家もよく餅投げに参加させていただいたので、
今回はそのお礼も含めて餅投げをしました。

前日実家の婦人会の方たちにお願いをして餅をついていただきました。

僕が小さい時から可愛がってくれていた、おばさん達が協力してくれました。

c0159960_958367.jpg


親子二代にわたって可愛がってくれたことに本当に感謝です。

今回は少し多いかなと思いましたが、一俵のお餅をつきました。

こんなに沢山のお餅がが並ぶと圧巻です。

c0159960_9593840.jpg


そして、楽しみにしていたお持ち投げには子ども達も参加しました。
初めて投げる経験は楽しくて楽しくて・・・。

c0159960_1022555.jpg


大勢の知り合いが集まってくれ、盛大な餅投げです。
お菓子袋は子ども達に大人気です。
最後に当たり札も投げて、お酒もお土産に出しました。

お餅つきから始まって、本当に皆さんのおかげで最高の経験が出来ました。
子ども達の心に一生の思い出として残ることでしょう。

本当にありがとうございました。
[PR]
by kitobitohouse | 2009-08-03 10:07